マイクラPC日記Part56「崩壊した森の館を探索」




マインクラフトPC日記Part56

さて前回(Part55)では、生成バグ+火災という災難見舞われた森の館が鎮火するまで一晩放置しました。

さて、夜が明けて鎮火したことを確認したので、早速探検に向かいます。

崩落した正面玄関。。。

二階への階段回りも丸石ブロックを除いて、殆ど消失してしまっています。

館の外側に邪悪な村民さんが立っていました。何故かこちらに気が付かなかったので、遠くから弓で倒します。

チェストは焼けずに残っています。チェストは焼けないそうです。頑丈ですね…。

さてその中身は!

ジエンドと比べるとさすがに劣りますが、なかなか当たりではないでしょうか!?ダイヤのチェストプレートは防具の中でもっともコストがかかりますからね!

丸石は焼けないので構造物が残っています。牢獄のような部屋。

植木鉢がある祭壇。

鍛冶屋の部屋も石造りなので残っていました。

羊毛のあった部屋は、生成バグで寸断させられてしまっています。

二階へ上る階段周りは殆ど崩壊していて見る影もありません。

森の館が生成バグしていたため、本館と切り離された別館は無傷のまま残っています。

乗り移ると邪悪な村民がいました。

無残にも切り取られてしまっているニワトリ…持ち帰りたかったのになぁ~

スパっと切れています。

こちらもスパッと…

生成バグで全体1/3程度しか生成されておらず、かつその1/3のうち1/3は焼け落ちてしまっているため、残っているのは僅か2/9程度でした。そのためかチェストは一つだけで、不死のトーテムも手に入れられないという探索になってしまいました…。

最後に全景図をば。

つづく(Part57へ