電子書籍を作ってみました!




やとりえで連載している「海しみ」を無料でKindleで読めるようにしてみました!

こんな感じでAmazonに出るようになりました〜!!!わああ〜!

画像タップでAmazon飛べます

ここからは、私が他の方の漫画もKindleで読みたいので、少しでも興味があったらいかがですか!やりませんか!?って言いたくて頑張って書いてる雑記。

Amazonで、誰でも電子書籍が出版できる!というのがあるんです。

AmazonPCサイトより

Amazonサイトの一番下、フッター部分にちっさく書いてあるリンク。ここからいける「Kindleダイレクト・パブリッシング」。

ご存知の方はご存知で、もう出版されている方も多いかと思うのですが。

ずっと気になっていたものだったので、ちょっとやってみよう!と、お正月早々から色々試していました。

データとか、あとで差し替えられるようなので、気軽にまずは手元にあるそのままの「海しみ」データでやってみました。

オリジナルの漫画で、著作権と出版権が自分にあれば良いみたい。

登録のために、住所氏名、口座とかもろもろを記入。

これ、無料で配布する漫画を投稿する場合でも全部記入が必要でした。

あとで記入するとかではなく、記入登録しないと、投稿できない仕組み

マイナンバーの登録も必要です。

あとは、漫画を登録!

私はこっち。「無料マンガ」です。

「Kindleインディーズマンガ」というカテゴリーなのかな。

気軽に読んでもらえますよ。という事らしい。

最初に登録しなければならない内容がお堅いけど、マンガ登録作業自体はpixivさんとかとあんまり変わらない楽さ。

PDFファイルにしないといけない、ってこともなく、JPEGファイルを淡々とアップしていくだけでも大丈夫。

あんまり小さいサイズのデータだと、Kindleで見た時にボアボアするらしい。

海しみサイト用そのままのサイズの画像だと、少しぼわわ。(海しみサイト掲載サイズは横幅600です。)横幅1600あると安心かな、という感じ。

Amazonの公式ヘルプでは詳しく書かれています。

私としては、何か始めるときに「入りのハードルは低い方がいい」と思ってるので、今手元にあるデータでとにかく「電子書籍できた!」という喜びを手に入れたかった。

喜びがあると、次はこうしてみよう!と思える単純脳なので。

表紙、本文(マンガの部分)、タイトル、作品説明等、必要な登録を済ませて「出版」

審査を待ちます。

「海しみ」は一晩たったら「販売」されていました。

審査通ると、勝手にリリースされるのですね。

そんなこんなで!できた〜!

無料なので、お気軽に!

第1話〜第3話までと、海しみエピソード0が入っています!

昨日作業したのに、なぜか2018年12月31日って日付になってて、なんか悔しいけど、それ以上の喜びがあるから!いい!

ありがとう!