狐と狸

ktunetanuki

ネコマタは尾がふたつ、狐は聞くのが九尾の狐。狸の尾は増えないのかしら?
というのをTwitterで教えていただいた時のメモのような絵。

江戸時代を舞台にしたお話や、江戸時代そのものを調べていたりすると
よく猫や狐や狸のお話が出てくる気がします。道に迷ったり、病気になったり…
時代劇なんかでも、ちょっとびっくりした事を誰かに告げると狐につままれたんじゃないか、何て言われるシーンがあるなあと改めて気にしだしました。
江戸時代では狐や狸が、猫と同じくらいに身近な生き物だったのですねえ…

そういえば、狐に化かされない為のおまじない「眉毛につばを付ける」っていうのは、それこそマユツバなのでしょうか。
そもそも「唾をつけたら騙されなかったぞ!」って人は、どう騙されなかったのかしら。
これを言い始めたのが、狐か狸が化けた人なんじゃないかなあ…