恐怖映像とハチワレ




恐怖映像とハチワレ

恐怖映像を見るも、「お解りいただけない」ハチワレ。

最近、Amazonプライムで「投稿闇映像」とか、「本当にあった呪いのビデオ」とかを観ていました。

結構数があるので、ひとつ観始めると「こちらもおすすめ」みたいなリンクでどんどん観てしまう

だいたいはすぐに見つかるのですが、中には何度リプレイされてもさっぱり「どれ?」ってなる物もあって、ちょっと脳トレ状態です。

アハ体験みたいな感じかしら。そうなると、怖さより見つけた喜びみたいな感じになってしまう。ウォーリーみたいな楽しみ方になってしまう…

いくつも観ていると何となく出てくるタイミングとか、場所がわかるのでその辺りを凝視してたら見つけられるのですが、たまに難しいです。何度見てもわからないものもあります。

そう言う系の中で「not found」と言うシリーズを初めて観ました、なんか好き。

心霊映像系とは少し違う感じですが、投稿映像パート調査パートに分かれた作りで、ちょっとストーリーがあります。全体的に「動画を集めた」と言うより「作品」に近くなってる感じなのですかね。

その中に出てくるスタッフ杉元さんがすごくすき。行動が愛らしいです。