モツくんまとめ




1月の半ばあたりから、1日1枚描くと決めて描いていたモツくん。

Twitterに投げていたのをまとめます。

::::::fan art::::::

飴を持つモツくん

飴の色は他のクラシカロイドをイメージしてました。

モツくん

靴をちょっと描きたかったのです。肩にかけている上着の、袖の模様が上下逆でした。

はなうた

編み込みと生え際の感じがあんまり掴めてないですね。

マスクが息苦しいモツくん

マスクって、息苦しくならない!ってタイプでもやっぱり息苦しい。

マスクとか、好きじゃなさそう。

ごきげんな背中

個人的に、背中の自然な丸みとかを描きたくなっただけのやつ。

おえかき

はっきりした色をざばば!っとやってほしい。

学びめも

なんだかんだ、毎日「限られた時間内で一枚を完成まで持っていく」というのを続けると色々気がつくことがありました。

今の自分の体調とかも込みで「どういう構図で、どこまでの書き込みができるか」とかの予想もつくようになったり。

だいたいモツくんは、1時間内で仕上げてました。(例外もあり

それと並行して「バイトイカ」も描いていましたけれど、やっぱり色々学べてよかった…。

Twitterで「ワンドロ」というのがありますが、あれ、すごく良い企画なのですね。自分はマイペースすぎて他の方に合わせることができないので、個人タイムアタック的ワンドロを黙々やってたわけですが。

どこを描き込んで、どこは抜くのかとか、どうバランスを取るのかとか。考えながら描いていくって、大事なんだなあ…

1時間で完成を目指す、となると、描いて消してとかが少ない方がいいので、必然的に少ないストロークでベストな線が引けた方がいい。とか

そうなると、ベストな線を引ける練習が必要になってくるのですね。

あと、体や服のラインをちゃんと取れるかどうか。描いていてわかったのは、割と理解しているようで理解してないあれこれがまだいっぱいあること。

正確に描くというより、正確なものを知って、描くときは説得力のあるものとして出したい。正確なものは描かなくていい。みたいな。これは自分の描き方の目標。

そして早く描けることが正義ではなくて、早く描ければ描きたいものが今よりもっとたくさん描けるようになる。とかそう言うちょっとしたプラスな気がします。大事。

日々精進。