ブログの作り方④:無料サーバーという魅惑




 

こんにちは。今回は各社が提供している無料サーバーについてまとめたいと思います。

通常、レンタルサーバーは有料のものが多いですが、無料でこれを提供しているサービスもあります。「SNSや無料ブログでは満足できず、WordPressなどでサイトを構築してみたい。けれども、有料サーバーが必要という程ではない」という方にはうってつけの選択肢であると思います。

勉強する猫

主要8無料サーバーの簡易比較表

まず、国内で展開している主要な無料サーバーのサービス内容を比較してみます。

サーバー名










































TOK2
z無限
×
×
×
SiteMix
f1.5
×
エックスドメイン
d1
WebCrow
d1
FC2ホームページ
d1
×
×
×
×
XREA
d1
×
忍者ホームページ
b0.5
×
×
×
Yahoo!ジオシティーズ
a0.1
×
×
×
×

ここでの広告非表示は、無料でPC・スマホともに「広告なし」に出来るものという意味です。つまり制限なく「広告なし」にできる無料サーバーは存在しません。これは、無料サーバーが広告収益によって運営されていることからも致し方のないことでしょう。

ただし、エックスドメインと、WebCrowの二つは、CGI/PHP/MySQL(ならびにWordPress)を利用しなければPC・スマホともに広告非表示することが可能という点で、とても魅力的ではないでしょうか。

無料サーバーの利点

SNSで簡単に情報を発信・共有でき、各社が提供しているブログサービスで美しいデザインのサイトを容易に持つことが出来る今日において、外部のサーバーを借りて手間をかけて0からサイトを構築する利点は日に日に薄らいでいるように思えます。SNSやブログと違い、サイトの更新や維持にとても手間がかかります。作品や情報の発信をするためにサイトを作っているのに、その前のサイト構築の段階で全精力を奪われてしまったという事態に陥りかねません!

しかし、「無料でWordPressの練習が出来る」という点からは、とても魅力的な選択肢であると思います。これまでの記事でも何度か言及してきましたが、WordPressとは、無料で利用できるオープンソースのブログソフトウェアであり、これを用いることで優れたデザインのサイトを比較的容易(大変ですが)に構築することが可能です。このWordPressは世界のウェブサイトのうち27%を占めていて、最も普遍的で標準的なものです。多くの方がWordPressによるサイト構築を目的に無料サーバーという選択肢を考えていると思います。

数ある無料サーバーのうちCGI/PHP/MySQLが使用可能な、エックスドメインWebCrowXREAの三つはWordPressをインストールして利用するこことが出来ます。いきなり有料サーバーからはじめてWordPressに躓いたという悲劇を予期してしまうならば、無料サーバーからはじめるのはとても良い選択肢ではないでしょうか。

特に独自ドメインでのWordPress利用を考えているのであれば、エックスドメインでドメインを取得すれば、そのまま自動的に無料サーバーが強化されるのでお得です。さらに、無料サーバーのスペックに不満が出た場合にも、エックスドメインの親会社であるエックスサーバーの有料サーバーに容易に移れるという点も重要でしょう。サイトの移転というのは本当に大変な作業なのです。やとりえはBloggerからWordPressに引っ越しましたが、ほぼすべてのページを作り直す必要に迫られて、大変な手間でした。長くやるという決意が固いのであれば、先を見越した選択を考えることが重要であると思います。

無料サーバーの欠点

いわずもがな無料サーバーの欠点は、そのスペックが低いため、サイトにアクセスしたときの反応がもっさりとしてしまう点です。実は、これがWordPressを運用するうえで最大の難点になります。というのもWordPressは、デザインの柔軟性に勝れる反面、基本的に重いのです。

やとりえもBloggerでやっていたときは反応速度が遅いと気になることは余りありませんでしたが(Google様の超絶サーバーのお蔭でしょうか)、某無料サーバーでWordPressを試運転してみたらそのもっさり感が気になりました。カルーセルやスライダーなどのウィジェットをペタペタ貼ったら、通信障害が起きたのかというレベルに…。やとりえは漫画やイラストなど画像ファイルが多いので、WordPressの欠点がもろに反映されてしまうのです。

しかしこれは、やとりえがウェブ漫画ブログであることによって起きた問題点です。文章がメインコンテンツであるならば、無料サーバーでも難なく運用できるのかもしれません。

まとめ

無料サーバーは、SNSや無料ブログでは満足できず、WordPressへの移転を考えている方にとって、最良の選択肢であると思います。主要な無料サーバーのうちエックスドメインWebCrowXREAの三つではWordPressが運用可能です。また、エックスドメインの場合には、そこで独自ドメインを取得すれば、そのまま自動的に無料サーバーも強化される点、親会社であるエックスサーバーの有料サーバーに容易に移れる点も、選択肢を絞る重要な論点になると思います。

しみうさ
SNSや無料ブログ以上に、無料サーバーはWordPressを本格導入するための準備という意味合いが強いと思うんだ。ブログやサーバーの移転は博士の家の掃除くらい大変なんだよ!だから長期的な展望を踏まえてじっくり考えてほしいな!
すきねこ
創作活動したいのに、サイトデザインの足回りで力尽きるという事態に陥りかねませんからね。
しみうさ
でも、WordPressは本当にサイトデザインの選択肢が広がるから、挑戦し甲斐はあると思うなっ!
すきねこ
挑戦しないで後悔するより、挑戦して後悔する方が前向きでいいですよね♬

【シリーズ:ブログの作り方】
ブログの作り方①:SNSか、無料ブログか、WordPressか
ブログの作り方②:徹底比較!無料ブログの選び方
ブログの作り方③:独自ドメインの是非
ブログの作り方④:無料サーバーという魅惑
ブログの作り方⑤:レンタルサーバー選び