一緒に住んでいる魔女の棚




「自分の部屋に魔女が住んでいる」という設定で長く暮らしています。

細かいことはいいんです、これは。これは日々の潤いのための妄想なのです!

その(妄想の中の)魔女が私の部屋で使っている棚のひとつに、近頃色々増やしたのでメモ。

ガラス片を瓶に詰めたやつ

確か、セリアさんで中身と容器を揃えました。
いえ、でもこれは魔女の持ち物なので、実際はどこから持ってきたものか私にはわかりません。

でもセリアさんで揃います。

余りました。

これ、本当は何に使うものなのだろう。
シーグラスのように丸くなく、割れたての鋭いカケラがパックしてありました。

気をつけないと、指とか怪我をしそうです。

これを空き缶とかに入れて、じゃかじゃか振ったらシーグラスが作れるだろうか……。
海岸などで拾える、角の取れたマットな質感のスモーキーなガラスのかけらです。

このごろ、近くの海岸では天然のシーグラスがなかなか拾えないらしいのです。
子供の頃、海岸でシーグラスを拾うと宝物扱いしていました。懐かしい!
多分、今でも拾ったら宝物扱いする。

魔女の石系の棚。

珪化木、国立科学博物館でお迎えしたのです。

アンモナイトをお迎えするか迷う。